医薬医療系翻訳通信講座を行っているメディファーマランゲージはメールマガジンを発行しています

Vol. 176. 医療系翻訳タイムズ(連想式医薬英単語1)
-成人記憶能力にとっての敵と味方-

マスメディアの健康情報で、よく目にする記事に、
「内臓脂肪を減らそう」という呼びかけがあります。
内臓脂肪は、健康にとって良くないものであることは確かですが、
内臓脂肪と女性ホルモンの代表格エストラジオールと認知機能、
3者が関連し合っている、という興味深い説があります。

典拠は、“Association of Estradiol and Visceral Fat
With Structural Brain Networks and Memory Performance in Adults”
[JAMA Network Open 2019 Jun 5;2(6)]
です。

2011年8月1日から2014年11月23日までに、
ライプチヒ文明研究センターの健康研究である
Health Study of the Leipzig Research Centre for Civilization Diseases
に参加した、認知症ではない974人を分析対象にした横断的研究です。

“Cross-sectional study of data from 974 cognitively healthy adults
in Germany who participated in the Health Study of the
Leipzig Research Centre for Civilization Diseases, a previously
described population-based cohort study.
The study was conducted from August 1, 2011, to November 23, 2014.”
[Cited from: JAMA Network Open 2019 Jun 5;2(6)、
以降、本稿の英文は、すべて同様のジャーナルから抜粋]


では、内臓脂肪とエストラジオールと認知機能の3者は、
どのように関連し合っているのでしょう。

ちなみに、
「エストラジオール」とは、脊椎(せきつい)動物の雌の卵巣から分泌される
ステロイドホルモンで、女性ホルモン(エストロゲン、卵胞ホルモン)の
代表的なものです。

また、「内臓脂肪」ですが、
食事などから摂取した栄養である糖や脂質が、体内で消費できなくて
余ってしまうと、それらは脂肪となって蓄積されます。
そのうち、おなかを中心とした内臓のまわりについた脂肪が内臓脂肪です。
内臓脂肪は、お腹の中にある腸間膜という腸を固定する膜に蓄積します。
そのため、内臓脂肪が過剰に蓄積すると、お腹がぽっこりと出っ張った
肥満体型になります。


この横断的研究の方法として、
参加者は、空腹時血清のエストラジオール値を測定され、
腹部MRIのT1強調画像に基づいて内臓脂肪体積を測定されました。

“Serum estradiol levels from fasting blood and visceral adipose tissue
volume from T1-weighted magnetic resonance imaging (MRI)”

著者らは、内臓脂肪は、加齢と脳内ネットワーク構造および
認知機能の間にある負の関係性を強める。
しかし、エストラジオールは、(特に女性における)
この負の関係性を、減じると仮定した。

“ (...)we hypothesized that VAT would be associated with
an amplification of the negative association of age with brain
network structure and cognitive health 
and that estradiol would be associated with a reduction in the negative
association of VAT with structural network covariance and
cognitive performance in women.”


これらの仮定の後に、以下の結果が導き出された。

1.内臓脂肪は、男女ともに、加齢と記憶に関係する脳内ネットワークの間に
存在する負の関係の悪化に関係していた。

“Visceral adipose tissue (VAT) was associated with an exacerbation
of the negative association of aging with network covariance
for women and men.”

2.エストラジオール値は、女性では、内臓脂肪と脳内ネットワークの間の
負の関係の軽減に関連していた。
男性では有意な関連は見られなかった。
35-55歳の周閉経期の女性を対象にサブグループ解析を行ったところ、
この年代の女性では、エストラジオール低値が、
記憶に関係する脳内ネットワーク構造の不良に関連しており、
記憶能力が低いことにも関連していた。

“Estradiol level was associated with a reduction in the negative association of VAT
with negative covariance in women.
With no significant association in men.
In the female middle subgroup (age range, 35-55 years, when menopause
transition occurs), low estradiol levels were associated with
lower memory network covariance and worse memory performance.”


3.女性の場合、内臓脂肪の悪影響を、血中エストラジオールが
軽減する可能性を示した。

“Estradiol may mitigate the negative association of 
visceral fat (…).”

4.内臓脂肪(の増加)は、全身性の炎症に関係して、
脳の構造的完全性を損なうが、しかし、エストラジオールは
その抗炎症作用で、保護的役割を果たし、
(内臓脂肪による悪影響を和らげる)可能性がある。

“If VAT compromises brain structural integrity owing to
its association with systemic inflammation,
estradiol may have a protective role due to 
its anti-inflammatory properties(…).”

5.内臓脂肪とエストラジオールは、健康的な脳を保ち続けながらの加齢
に対し、反対の役割を果たしているように見えるが、それらが
どのようにして、相互的に、脳内ネットワーク構造を変えるか
については、不明である。

“Although VAT and estradiol appear to have opposing roles
in association with healthy brain aging, it remains unclear
how they interactively alter brain network structure.”

上記の結果から、著者らは、内臓脂肪とエストラジオールが加齢に伴う
認知機能の変化に関連がある、と結論づけており、
特に、エストラジオールは、中年期の女性の認知機能の低下を遅らせる
不可欠な要素としている。

“Assessing visceral adipose tissue and hormone profiles,
particularly in women during midlife, may be essential for 
promoting a healthy brain aging trajectory.”


内臓脂肪は、成人の記憶能力や認知機能にとって、
敵であり、一方、エストラジールは、特に周閉経期の女性の場合、
味方である、ということができそうです。

それと、今回のトピックに関連のある弊社の講座には、
以下のようなものがあります。

CIOMS Nos.13, 14, 18

        ↓
http://www.mplanguage.co.jp/cioms/


ネオモニタン Nos. 17, 18, 19, 20, 21,22
            ↓
http://www.mplanguage.co.jp/neomoni/


いずれも、和文英訳の講座ではあるものの、課題である日本語文を読み込むことによって
中枢神経系についての知識を得ることができますし、
また、英訳に挑戦してみることで、新たな気づきを得る契機になるかもしれません。
ともあれ、受講を前向きに検討してみてください。


____________________________

■ 編集後記:もうひとつの、健康関連のブログ
____________________________

すでに、皆様にお伝えしている通り、弊社は、
健康関連のもうひとつのブログを運営しています。
また、並行して、メールマガジンも発行しておりますので、
是非、下記にご登録のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

https://medical-dance.com/mailmagazine/

____________________________

■ 養成講座各8コース、特徴を発揮しつつ、稼働中です。
   全コース、1テキストずつになっているので、
   まずはお試し受講から、が可能になっています。
   関心のあるトピックからどうぞ。
____________________________

1.初めて医薬翻訳に取り組むかたや文系出身者にとって、
 いまや、王道コースともなっている、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座ベーシックコース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/school/

2.原則、ベーシックコース修了者あるいは英語上級者は、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座ADVANCED COURSE」(英文和訳)
 ⇒ http://www.medipharm-english.com/

3.医薬翻訳とはどのようなものなのか、玄関を覗いてみたいかたは、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座パイロットコース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/pilot/

4.安全性(副作用)情報から医薬翻訳の一角に切り込みたい、文系出身者は、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座 市販後コース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/shihan/

5.医薬品開発サイトに即した和英翻訳者への挑戦を決意したかたは、
 「モニタン塾」(和文英訳)。
 現在、20課題が出揃っています。
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/moni_jyuku/

6.医薬医療系論文あるいは治験総括報告書の和英を
 学習することを決心したかたは、
 「ネオモニタン塾」(和文英訳)。
  No.24まで、課題が出揃っています。
⇒ http://www.mplanguage.co.jp/neomoni/

7.需要が増大する一方の副作用情報の和文英訳。
  文系のかたの自己ブランディング可能分野
  でもあります。
  「CIOMSモニタン塾」(和文英訳)。
  No.20まで、課題が出揃っています。
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/cioms/

8.斬新な医療英語の音声教材
  ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/hearing/


___________________________________

■ 医薬翻訳に必携の最新刊およびビデオライブラリ
___________________________________

1.「日本人が間違いやすい治験英単語2200」(日英・英日版)
   並びに「例文集」
   
http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook_e3/

2.「治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策」を
 購入した方からのコメント:

 「現在、ベーシック・テキスト4の課題と取り組んでおり、
 早速安全性の評価の部分を猛勉強中です。
 非常に参考になりとても助かっています。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook2/

3.「治験英語ハンドブック」を購入したかたからのコメント:

 「数日前に購入した『治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策』が
 素晴らしい参考書であることを知り、本書の購入を決めた次第です。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook/

4.「臨床英単語アネックス」を購入した方からのコメント:

 「『治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策』、および
 『治験英語ハンドブック』が非常に重宝しておりますので、
 こちらの『臨床英単語アネックス』も購入したいと思いました。
 よろしくお願いいたします。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook3/

5.ヘルスケア・ビデオ・ライブラリ
https://www.medipharm-english.com/mpl/f_video/


【発行責任者】メディファーマランゲージ株式会社
              代表取締役 今 栄子
  住所:107-0052 東京都港区赤坂2-17-52, 5F
  TEL. 03-3589-2770(代)
  FAX. 03-5935-8442(代)
【会社概要】http://www.mplanguage.co.jp
【Facebook Page】https://www.facebook.com/medilanguage/?pnref=lhc
【発行システム】自社配信
*当ブログの著作権は発行者に帰属し、無断転載することを
   禁止します。
   各種コンテンツに転載する場合は、事前に弊社まで御連絡ください。
【ご意見、お問合せ】 info@mplanguage.co.jp
【登録、解除】http://www.mplanguage.co.jp

ページトップへ