医薬医療系翻訳通信講座を行っているメディファーマランゲージはメールマガジンを発行しています

Vol.178. 医療系翻訳タイムズ(連想式医薬英単語3)
-受動態の語順についての常識とは?-

医薬英語で、非常に頻繁に出てくる常用語に
「投与する」があります。

連想式英単語としては、
administerを筆頭に、treat, inject, giveなどが芋づる式に
思いだされます。
ただ、administer/treat/injectは、
ヒトつまり被験者や患者に薬剤を投与する際に使われ、
giveは、動物に投与するときに使われる傾向があるようです。

しかし、この傾向も、徐々に崩れてきて、近年では、ヒトでも動物でも、
administerが使われることが最も多いようではありますけれども。

この「投与する」という用語は、能動態で使われたり、受動態で
使われたりするのですが、受動態で使われる際の語順について、
受講生のかた達から、弊社養成講座事務局にときどき質問を
頂戴するので、その点につき、ここで、まとめて回答をさせて頂こう
と思った次第です。

妥当な英語例文としては、以下のふたつがあります。

(正) Drug A was administered intravenously to the patients
once daily for 3 weeks.

(正) The patients were administered/treated/injected
intravenously with Drug A once daily for 3 weeks.

一方、
The patients were administered Drug A intravenously 
once daily for 3 weeks.
は、誤りということになります。

つまり、主語 + be administered + 目的語
という語順になっているからです。

ところが、ここで悩ましいのは、
上記の誤りであるはずの英文が必ずしも、誤りとは言えないのでは、
と思われる英文例が、海外の一流専門ジャーナルに頻繁に出てきて
いることです。

例示してみましょう。

1. The subjects were administered [2-13C]acetate for 2 hours and scanned 
throughout that time with magnetic resonance spectroscopy of the brain to 
observe natural 13C abundance of N-acetylaspartate (NAA) and the appearance 
of 13C-labeled glutamate, glutamine, and acetate.
J.Cli.Invest.2013 Apr;123(4):1605-14. doi: 10.1172/JCI65153. Epub 2013 Mar 8.
Auther:Department of Diagnostic Radiology, Yale University, School of Medicine, 
New Haven, Connecticut 06520, USA. 

2.For the next 3 days animals were administered 2.5 g/kg ethanol or water 
control, and conditional stimulus (CS)-elicited freezing was measured on PD 34. 
Behav.Neurosci.2012 Aug;126(4):593-8. doi: 10.1037/a0028878. Epub 2012 Jun 11.
Auther:Department of Psychology, College of William & Mary, Williamsburg, 
VA 23187-8795, USA.

3. C57BL/6 male mice were administered a dose of nicotine (3, 6.3, 12, or 24 mg/kg/d) 
chronically for varying days and tested for the onset of tolerance to 
the effects of nicotine on learning.
Brain Res.2014 Apr 22;1559:1-10. doi: 10.1016/j.brainres.2014.02.038. Epub 2014 Mar 2.
Auther:1 Department of Psychology, Weiss Hall, Neuroscience Program, 
Temple University, Philadelphia, PA 19122, USA. Electronic address: tgould@temple.edu.
2 Department of Psychology, Weiss Hall, Neuroscience Program, Temple University, 
Philadelphia, PA 19122, USA. 
3 Department of Pharmacology, Perelman School of Medicine, University of Pennsylvania, 
Philadelphia, PA, USA.

4. To evaluate this hypothesis, guinea pigs and ferrets were administered a potent, 
neutralizing mouse IgG monoclonal antibody, 30D1 (Ms 30D1 IgG), against 
the A/California/04/2009 (H1N1) virus hemagglutinin and exposed to respiratory 
droplets from animals infected with this virus. 
J.Virol. 2013 Jul;87(14):7793-804. doi: 10.1128/JVI.00979-13. Epub 2013 May 22.
Auther:Department of Microbiology, Icahn School of Medicine at Mount Sinai, 
New York, New York, USA.

5. A total of 169 patients were administered BEP, and 168 patients were 
administered T-BEP.
J.Clin.Oncol. 2012 Mar 10;30(8):792-9. doi: 10.1200/JCO.2011.37.0171. 
Epub 2012 Jan 23.
Auther:Erasmus University Medical Center/Daniel den Hoed Cancer Center, 
Rotterdam, the Netherlands. r.dewit@erasmusmc.nl

上記の英文例は、査読のある論文で通用している模様なので、
海外では、この文型は、すでに市民権を得ていると解釈するのが
妥当かと思われます。

従って、結論としては、
「投与する」を英訳する際には、既述の「正」とした2つの文型を
スタンダードな英訳とするとしても、
「主語 + be administered + 目的語」も、海外の専門誌では
けっこう使用されている、という認識も併せ持つことをお勧めします。

補足として、injectを使う際の受動態の前置詞につき、
以下に確認しておくことを進言します。

1.  Drug A was injected intravenously into the patients
once daily for 3 weeks.

2.  The patients were injected intravenously with Drug A
once daily for 3 weeks.


ちなみに、今回の178号のトピックに関連のある弊社の講座ですが、
和文英訳講座であれば、すべて当てはまります。

ネオモニタン塾
            ↓
http://www.mplanguage.co.jp/neomoni/

  CIOMSモニタン塾
    ↓
http://www.mplanguage.co.jp/cioms/


いずれも、医薬翻訳業界で、ほぼ恒久的に需要のある
英訳技術ですので、改めて、
受講を前向きに検討して頂くことを推奨します。


____________________________

◆ 養成講座各8コース、特徴を発揮しつつ、稼働中です。
   全コース、1テキストずつになっているので、
   まずはお試し受講から、が可能になっています。
   関心のあるトピックからどうぞ。
____________________________

1.初めて医薬翻訳に取り組むかたや文系出身者にとって、
 いまや、王道コースともなっている、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座ベーシックコース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/school/

2.原則、ベーシックコース修了者あるいは英語上級者は、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座ADVANCED COURSE」(英文和訳)
 ⇒ http://www.medipharm-english.com/

3.医薬翻訳とはどのようなものなのか、玄関を覗いてみたいかたは、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座パイロットコース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/pilot/

4.安全性(副作用)情報から医薬翻訳の一角に切り込みたい、文系出身者は、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座 市販後コース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/shihan/

5.医薬品開発サイトに即した和英翻訳者への挑戦を決意したかたは、
 「モニタン塾」(和文英訳)。
 現在、20課題が出揃っています。
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/moni_jyuku/

6.医薬医療系論文あるいは治験総括報告書の和英を
 学習することを決心したかたは、
 「ネオモニタン塾」(和文英訳)。
  No.24まで、課題が出揃っています。
⇒ http://www.mplanguage.co.jp/neomoni/

7.需要が増大する一方の副作用情報の和文英訳。
  文系のかたの自己ブランディング可能分野
  でもあります。
  「CIOMSモニタン塾」(和文英訳)。
  No.20まで、課題が出揃っています。
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/cioms/

8.斬新な医療英語の音声教材
  ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/hearing/


___________________________________

◆ 医薬翻訳に必携の最新刊およびビデオライブラリ
___________________________________

1.「日本人が間違いやすい治験英単語2200」(日英・英日版)
   並びに「例文集」
   
http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook_e3/

2.「治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策」を
 購入した方からのコメント:

 「現在、ベーシック・テキスト4の課題と取り組んでおり、
 早速安全性の評価の部分を猛勉強中です。
 非常に参考になりとても助かっています。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook2/

3.「治験英語ハンドブック」を購入したかたからのコメント:

 「数日前に購入した『治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策』が
 素晴らしい参考書であることを知り、本書の購入を決めた次第です。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook/

4.「臨床英単語アネックス」を購入した方からのコメント:

 「『治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策』、および
 『治験英語ハンドブック』が非常に重宝しておりますので、
 こちらの『臨床英単語アネックス』も購入したいと思いました。
 よろしくお願いいたします。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook3/

5.ヘルスケア・ビデオ・ライブラリ
https://www.medipharm-english.com/mpl/f_video/

__________________________________

◆ マッチングサイトの活用のススメ
__________________________________

弊社マッチングサイトが、少しずつ、会員を増やしてきつつあります。

医薬医療系翻訳につき、腕に覚えがある、
あるいは、医薬医療系翻訳を学習中である。

その知識を生かすために、以下に登録する。

https://www.medipharm-english.com/match/

または、医薬医療系翻訳の得意なパートナーに出会うために
以下に登録する

https://www.medipharm-english.com/match/

一歩、踏み出すことによって、人生に変化が起きます。


【発行責任者】メディファーマランゲージ株式会社
              代表取締役 今 栄子
              住所:107-0052 東京都港区赤坂2-17-52, 5F
              TEL. 03-3589-2770(代)
              FAX. 03-5935-8442(代)
【会社概要】http://www.mplanguage.co.jp
【Facebook Page】https://www.facebook.com/medilanguage/?pnref=lhc
【発行システム】自社配信
*当ブログの著作権は発行者に帰属し、無断転載することを
   禁止します。
   各種コンテンツに転載する場合は、事前に弊社まで御連絡ください。
【ご意見、お問合せ】 info@mplanguage.co.jp
【登録、解除】http://www.mplanguage.co.jp

ページトップへ