医薬医療系翻訳通信講座を行っているメディファーマランゲージはメールマガジンを発行しています

Vol.179. 医療系翻訳タイムズ(連想式医薬英単語4)
-迷ってしまうDEVELOP-

医薬文献中に頻繁に出てくる用語として、「発症する/発現する/生じる」は、
トップ10に挙げられる語彙でしょう。

「発症する/発現する/生じる」は、連想式医薬英単語の観点から見ても、
単語が芋づる式に以下のように出てきます。

occur(occurrence), develop (development), cause, induce, 
onset、incidence, experience, express(expression), etc.

類似用語ではあるものの、使い方にそれぞれ特徴があることから、
例文を見ながら、説明を加えてみたいと思います。


まずは、受講生のかた達からも質問が多い
developについてです。

developは、自動詞(intransitive verb)であり、かつ
他動詞(transitive verb)でもあります。
ただ、「発症する/発現する/生じる」を意味する用語としては、
自動詞を使い、かつ「人」を主語にしない方が好ましい、
とする説があるようです。

例1. Pediatric nodal marginal zone lymphoma may develop 
   in the adult population
  (小児節性辺縁帯リンパ腫は、成人集団で発症する可能性がある。)

例2. Autoimmune pancreatitis (AIP) can develop 
   into chronic pancreatitis.
  (自己免疫性膵炎は慢性膵炎に発展する可能性がある。)

   そして、もし、「人間」を主語にするなら、以下の文章のように
   begin to feel/haveを使いましょう、という提案ですね。

   例:At age 41 years he began to feel pain in his left knee 
     without any proximate cause.

また、developには「発展する」という意味合いがあることから、
なんらかの伏線があって、その後で、当該症状が発症する、
というニュアンスもあるようです。

例:Leukemia developed three years after exposure of radiation.
        (放射線暴露から3年後に白血病が発症した。)

ただ、この「発症する/発現する/生じる」のdevelopの場合、
「人間を主語にしない」ススメについて、しかし、
実際に学術論文にあたってみると、これは案外、破られているケースが
多いのです。

例示してみましょう。

例1.Most relapsing patients developed severe disability 
   in a stepwise manner, and one-third died because of 
   respiratory failure. 
   (ほとんどの再発患者は段階的に重度の障害を発症し、
   3分の1は呼吸不全のために死亡した。)

例2.55% to 85% of patients do not clear virus, but 
   develop chronic hepatitis C.
   ([急性ウイルス性肝炎の]患者の55%から85%は、
   ウイルスをクリアしないまま、慢性C型肝炎を発症する。)

例3. Ten percent of patients with breast cancer developed hypercalcemia.
   (乳がん患者の10%は高カルシウム血症を発症した。)

よって、develop(発症する/発現する/生じる)を使う英訳に際しては、
おおむね、自動詞を使い、人間を主語とした使い方は控えるとしても、
時に、目的語を伴う他動詞としての使い方も可、というくらいの
認識がベターかと思われます。

「発症する/発現する/生じる」を意味する用語として、
develop以上に頻繁に出てくるのがoccurです。
そして、occurはdevelopと違って、
自動詞のみ(intransitive verb)であるため、
主語に「人」が来ることは絶対にありません。
いくつか例示してみまましょう。

例1. "Takotsubo Cardiomyopathy Can Occur in Patients with Apathetic           
   Hyperthyroidism." Thyroid, 24(2), pp. 400–401
   (たこつぼ心筋症は、無痛性甲状腺機能亢進症の患者に発生する
   可能性がある。)

例2. Hypercalcemia, pathological fractures and 
   leukoerythroblastic anemia may occur. 
   (高カルシウム血症、病的骨折、及び白赤芽球性貧血が
   生じる可能性がある。)


他に、「発症する/発現する/生じる」を意味する用語として記憶すべきは、
causeやinduceがあります。
ただ、これらは、「~を引き起こす」「~を誘発する」の意味合いが
強く、主語には「原因」を持ってきます。

例1. Tsukamura observed that M. avium complex can cause 
   infection in the cavity of lung tuberculosis. 
   (束村は、Mycobacterium avium complexが肺結核の遺残空洞への感染を
   引き起こす可能性があるということを観察した。)

例2. The most frequent cause was surgical trauma resulted from operations of the thorax 
   and of the neck.  
   (原因は、胸郭と頸部の手術に起因する外科的外傷にあった。)

例3. The readministration of RFP after 1-year cessation did not induce liver dysfunction. 
   [休薬1年後のリファンピシン(rifampicin)の再投与は、肝障害を誘発
   しなかった。]

例4. “Early antibody therapy can induce long-lasting immunity 
   to SHIV” Nature volume 543, pages559–563(2017)
   (初期の抗体療法は、SHIVに対する長期にわたる免疫を誘発する
   可能性がある。)

cf. SHIV-NM-3n which is attenuated live simian/human
   immunodeficiency virus  
   (弱毒生サル/ヒト免疫不全ウイルスであるSHIV-NM-3n)
   [cited from: 特許庁]

以上のように、「発症する/発現する/生じる」を表現する用語は、
develop, occur, begin to feel/have, cause, induceなどが
代表的なものですが、しかし、それ以外にも記憶すべき用語はあるわけで、
それらは、まとめて、以下に記載しておきたく存じます。

① onset:
  early-onset Alzheimer disease(早期発症型アルツハイマー病)
② incidence:
  incidence of adverse drug reactions (薬物有害反応/副作用の発現)
③ experience:
  The patient experienced severe pain. (患者に重度の痛みが生じた)
④ express:
  ・method for detecting gene expression (遺伝子発現を検出する方法)
  ・recombinant virus expressing immunostimulatory molecule
     (免疫刺激分子を発現する組換えウイルス)

Note: express, expressionは、遺伝子関連文献の「発現」に
    使われます。

ということで、今回の179号「迷ってしまうDEVELOP」、
お愉しみ頂けましたでしょうか。

ちなみに、今回179号のトピックに関連のある弊社の講座ですが、
和文英訳講座であれば、すべて当てはまります。


ネオモニタン塾
            ↓
http://www.mplanguage.co.jp/neomoni/

  CIOMSモニタン塾
    ↓
http://www.mplanguage.co.jp/cioms/


いずれも、医薬翻訳業界で、ほぼ恒久的に需要のある
英訳技術ですので、改めて、
受講を前向きに検討して頂くことを推奨します。


____________________________

◆ 養成講座各8コース、特徴を発揮しつつ、稼働中です。
   全コース、1テキストずつになっているので、
   まずはお試し受講から、が可能になっています。
   関心のあるトピックからどうぞ。
____________________________

1.初めて医薬翻訳に取り組むかたや文系出身者にとって、
 いまや、王道コースともなっている、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座ベーシックコース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/school/

2.原則、ベーシックコース修了者あるいは英語上級者は、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座ADVANCED COURSE」(英文和訳)
 ⇒ http://www.medipharm-english.com/

3.医薬翻訳とはどのようなものなのか、玄関を覗いてみたいかたは、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座パイロットコース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/pilot/

4.安全性(副作用)情報から医薬翻訳の一角に切り込みたい、文系出身者は、
 「医薬医療系翻訳者養成通信講座 市販後コース」(英文和訳)
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/shihan/

5.医薬品開発サイトに即した和英翻訳者への挑戦を決意したかたは、
 「モニタン塾」(和文英訳)。
 現在、20課題が出揃っています。
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/moni_jyuku/

6.医薬医療系論文あるいは治験総括報告書の和英を
 学習することを決心したかたは、
 「ネオモニタン塾」(和文英訳)。
  No.24まで、課題が出揃っています。
⇒ http://www.mplanguage.co.jp/neomoni/

7.需要が増大する一方の副作用情報の和文英訳。
  文系のかたの自己ブランディング可能分野
  でもあります。
  「CIOMSモニタン塾」(和文英訳)。
  No.20まで、課題が出揃っています。
 ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/cioms/

8.斬新な医療英語の音声教材
  ⇒ http://www.mplanguage.co.jp/hearing/


___________________________________

◆ 医薬翻訳に必携の最新刊およびビデオライブラリ
___________________________________

1.「日本人が間違いやすい治験英単語2200」(日英・英日版)
   並びに「例文集」
   
http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook_e3/

2.「治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策」を
 購入した方からのコメント:

 「現在、ベーシック・テキスト4の課題と取り組んでおり、
 早速安全性の評価の部分を猛勉強中です。
 非常に参考になりとても助かっています。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook2/

3.「治験英語ハンドブック」を購入したかたからのコメント:

 「数日前に購入した『治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策』が
 素晴らしい参考書であることを知り、本書の購入を決めた次第です。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook/

4.「臨床英単語アネックス」を購入した方からのコメント:

 「『治験総括報告書の英訳・和訳の傾向と対策』、および
 『治験英語ハンドブック』が非常に重宝しておりますので、
 こちらの『臨床英単語アネックス』も購入したいと思いました。
 よろしくお願いいたします。」

http://www.mplanguage.co.jp/book/recommendbook3/

5.ヘルスケア・ビデオ・ライブラリ
https://www.medipharm-english.com/mpl/f_video/

__________________________________

◆ マッチングサイトの活用のススメ
__________________________________

弊社マッチングサイトが、少しずつ、会員を増やしてきつつあります。

医薬医療系翻訳につき、腕に覚えがある、
あるいは、医薬医療系翻訳を学習中である。

その知識を生かすために、以下に登録する。

https://www.medipharm-english.com/match/

または、医薬医療系翻訳の得意なパートナーに出会うために
以下に登録する

https://www.medipharm-english.com/match/

一歩、踏み出すことによって、人生に変化が起きます。


【発行責任者】メディファーマランゲージ株式会社
              代表取締役 今 栄子
              住所:107-0052 東京都港区赤坂2-17-52, 5F
              TEL. 03-3589-2770(代)
              FAX. 03-5935-8442(代)
【会社概要】http://www.mplanguage.co.jp
【Facebook Page】https://www.facebook.com/medilanguage/?pnref=lhc
【発行システム】自社配信
*当ブログの著作権は発行者に帰属し、無断転載することを
   禁止します。
   各種コンテンツに転載する場合は、事前に弊社まで御連絡ください。
【ご意見、お問合せ】 info@mplanguage.co.jp
【登録、解除】http://www.mplanguage.co.jp

ページトップへ